SUS

Topページ › 秘密情報保持規程

秘密情報保持規程

目的

第1条

本規程は、当社従業員が、業務を遂行するうえで遵守すべき秘密保持義務に関する事項を定める。

秘密情報の定義

第2条

本規程でいう秘密情報とは次の各号に該当するものをいう。ただし、個人情報には該当しない情報で、既に公知であった情報、被開示以前に当社および従業員が所有していた情報、正当な権利を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく適法に入手した情報は除く。

  1. 従業員が就業先から貸与、交付または開示を受けた文書、図面、コンピューターデータ、USBメモリ、フィルムおよびテープ等のすべての情報。
  2. 当社および就業先の秘密事項、当該秘密書類を使用して製作または複製した製品、各種資料、コンピューターデータ等ならびにその対象となった関係資料。
  3. その他、従業員が業務遂行過程において知り得た当社、就業先及び就業先の顧客に関する営業上、経営上、技術上に関する情報。
  4. 生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)としての個人情報。

秘密情報保持義務

第3条

従業員は、秘密情報を、いかなる第三者にも開示漏洩しないものとし、自己または第三者の利益のために使用してはならない。

  1. 従業員は、就業先の指揮命令により業務遂行のために使用する場合の他は、前条の秘密情報をいかなる目的のためにも使用、流用、又は方法の如何にかかわらず複製若しくは複写してはならない。
  2. 従業員は、業務遂行上アクセス権限を与えられていない秘密情報には一切アクセスしてはならない。
  3. 従業員は、業務遂行のために使用を許可された電子メール、その他通信手段を、私的な目的で使用してはならない。
  4. 従業員は、業務遂行上知り得たいかなる秘密情報も、SNS等のインターネット上のサービスを通じて発信してはならない。
  5. 従業員は、就労期間終了時、又は就業先の指示を受けた場合は、直ちに秘密情報等に関する全ての資料等を就業先に返還又は破棄しなければならない。
  6. 従業員は、当該就業先での就労期間中はもとより、就労期間終了後といえども、本条の秘密保持義務を遵守しなければならない。
  7. 従業員は、秘密情報が記録および記憶されている媒体その他一切の資料または複製物を、就業先の許可なく外部に持ち出してはならない。
  8. 従業員は、他で入手した秘密情報を就業先のために業務で使用してはならない。

損害賠償等

第4条

従業員が、本規程に定める事項に違反し、当社および就業先に損害を与えたときは、従業員はその損害を賠償しなければならない。

  1. 従業員が、本規程に定める事項に違反した場合、当社就業規則に基づき、懲戒に処すものとする。

付則
本規程は、平成26年4月1日より施行する。

ページの先頭へ