人と企業の笑顔が見たい「株式会社エスユーエス」

テスト

氏名【必須】 フルネームでご入力ください

社員番号【必須】 10桁の半角数字

「社員番号」は、ポータルサイトログイン時に使用する「ログインID」と同じです。
分らない場合は「9999999999」とご入力ください

所属【必須】

内勤スタッフの方は、各拠点にかかわらず「内勤スタッフ」をご選択ください。

メールアドレス【必須】 エスユーエスのアドレスをご入力ください

エスユーエスのアドレスをお持ちでない場合、個人のアドレスでも結構です
ドメイン指定受信機能をご利用の場合、「@m.sus-g.co.jp」の受信設定をお願いいたします
フリーメール等ご使用のアドレスにより、迷惑メールフォルダ内に受信されている場合がありますので、その際はご確認ください

確認用メールアドレス【必須】

受講回数【必須】

本年度の受講回数を選択してください
再テスト対象者の方は、再受講(2回目)~再受講(5回以上)を選択してください

設問1【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
PMS(個人情報保護マネジメントシステム)に適合するための運用担当(役職者以外の社員)の役割および責任は、法令、規範などを遵守し、個人情報保護マネジメントシステムの規定に従い、個人情報の保護および管理のため充分な注意を払いつつ業務を行うことである。― ヒント! ―
個人情報を取り扱う社員の役割および責任は、個人情報保護運用体制や個人情報保護運用細則に規定されている。そこでは、個人情報保護管理者や個人情報保護担当者など役職ごとの役割や責任が明記されている。運用担当(役職者以外の社員)については、規程を遵守し、適切に業務の中で個人情報保護が実行されるよう努める旨、記載されている。
  ×

設問2【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
個人情報取扱事業者である法人の従業者が、その法人の業務に関して個人情報保護法上の違反行為をしたときは、刑罰を科されることがあるが、その法人に対しては刑罰が科されない。― ヒント! ―
法人の代表者または法人代理人、使用人その他従業員が、その法人の業務に関して、個人情報保護法上の罰則に違反する行為をしたときは、行為者のほか、その法人に対しても、所定の罰則が科されることがある(個人情報保護法58条)
  ×

設問3【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
Pマークの認定を受けるには、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合しなくてはならない。そのためには、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備する必要があり、個人情報保護法に則っているだけではいけない。― ヒント! ―
Pマークでは、個人情報保護法よりも高いレベルの保護水準である日本工業規格「JIS Q 15001」に則り、個人情報保護マネジメントシステム(PMS)を構築し、運用しなくてはならない。なお、PMSとは「個人情報保護マネジメントシステム」の略語で、個人情報について、その有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護するための方針、体制、計画、実施、点検および見直しを含むマネジメントシステムである。当社が取り扱う個人情報を様々な場面において適切に運用するためにも、PMSに適合することおよびPMSに則った運用を行うことは重要である。
  ×

設問4【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
プライバシーマーク(Pマーク)制度とは、一定の規格に適合した個人情報について適切な保護措置を講じる体制を整備している事業者等を認定するものであるため、信頼度の証として有用である。― ヒント! ―
企業においては、個人情報を含め情報の扱いが非常に重要であり、取引相手を選定する際、検討材料の一つとして挙げられる。Pマークの認定を受けることは、個人情報を適切に取り扱っている事が客観的に認められた証であり、視覚的にも信頼度を示すことが可能となる。したがって、Pマーク認定は当社の取引先維持および拡大という点でも大きな利点がある。
  ×

設問5【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
就労先が変更となったため、以前の職場で貸与されていたパソコン内にあった個人情報を含むデータを、個人のUSBにコピーしたのち、すべて消去した。
  ×

設問6【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
友人から頼まれて、職場で発見した社員名簿から独身女性の名前と電話番号のみを手帳に書き写したものを友人に手渡した。
  ×

設問7【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
企業が公開しているHP(ホームページ)に掲載されている社員の顔写真は、個人情報とは区別してどのような用途にも転用することが認められている。
  ×

設問8【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
情報社会になって久しいが、情報管理に対する社会の目はますます厳しさを増す一方である。悪意の有無にかかわらず、個人情報の紛失や誤った取扱は社会的信頼を大きく失墜させるリスクをはらんでいる。
  ×

設問9【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
業務が立て込んだきたため、顧客から貸与されているパソコンから業務データをUSBに移し、自宅に持ち帰って作業を遂行したため、何とか納期に間に合った。
  ×

設問10【必須】 「○」か「×」どちらかにチェックしてください
ある統計データによると、ヒューマンエラーによるセキュリティカードの紛失事故よりも、電車や公園といった公共の場での盗難によるセキュリティ事故のほうが、圧倒的に発生件数として多い。
  ×

その他【必須】
最後に、あなたが日頃から(職場・業務等)個人情報の取り扱い(漏洩)について心掛けていることを記入してください。

[提出する]ボタンは1度だけ押してください(複数回押すとエラーの原因となる場合があります)
送信が完了しない場合、しばらくお時間を空けてから受講いただくかpmark@m.sus-g.co.jpまでお問い合わせください