SUS

SUS Lab 研究/開発テーマ

― SUS Laboratory Research and Development Theme ―
SUS Laboratory Research and Development Theme
AI(Artificial Intelligence )分野の研究/開発、HMI(Human Machine Interface )分野の研究/開発、IoT(Internet of Things )分野の研究/開発、ロボット分野の研究/開発
AI(Artificial Intelligence )分野の研究/開発、HMI(Human Machine Interface )分野の研究/開発、IoT(Internet of Things )分野の研究/開発、ロボット分野の研究/開発

エスユーエスでは、自社製品・サービスのR&D(研究開発)を行うことを目的とした『SUS Lab』を設置しています。
AI(Artificial Intelligence ※1)、HMI(Human Machine Interface ※2)、IoT(Internet of Things ※3)、電気自動車、ロボット、「発話検索エンジン ※4」を用いたプロダクト等をテーマとし、ハードウェア、ソフトウェア両面から研究/開発を行っています。
プロエンジニア集団として、外部の企業/機関と連携しながら実績を積み重ねてきており、将来的にはSUS Labで開発した商品やサービスをもって「起業支援」、さらには「モノづくりメーカーとしての事業化」を目標に掲げて推進しています。
また、SUS Lab事業の推進においては、技術トレンドの中心であるシリコンバレーの拠点より、常に最新のトレンドを収集できる環境を整えています。

※1:「AI(Artificial Intelligence)」とは、コンピューターに知的な活動をさせることを目的とする研究や技術。人工知能(AI)は、産業ロボットや医療系ロボット、家電品などにも利用され、ますます注目を浴びる技術となっている。
※2:「HMI(Human Machine Interface)」とは、人間と機械が情報をやり取りするための手段や、そのための装置やソフトウェアなどの総称。
身近なところではスイッチやボタン、ハンドル、ダイヤル、ペダル、リモコン、マイク、キーボード、マウスなどが該当する。近年、これまで以上にHMIの発想、そして製品への応用が重要視されており、技術的には音声認識、画像認識などが注目を浴びている。
※3:IoT(Internet of Things)とは、パソコン以外の識別可能な「もの」がインターネットに接続され、各種センサーで取得した情報を含め情報交換することにより相互に制御する仕組みや技術。
※4:スマートフォンやカーナビゲーション等、音声認識機能が搭載されている機器で音声認識をさせる際、利用者は「ボタンを押す」等の所定の操作を行うことで機能が起動する仕組みになっている。この音声認識で、特別な操作なしに自然な会話(文脈)の中で「問いかける」だけで機能が起動し結果を返してくれる、という当社開発の音声処理エンジン。
ページの先頭へ